最強の抗菌・抗ウィルス
「銅パワー・マスクケース」登場
(とても地味ですが、新型コロナ禍時代の必需品)

ウィルスの好きにはさせません,マスクケース、滅菌、匂い除去、抗菌

銅パワー抗菌抗ウィルス・マスクケース

コロナ禍新時代、とても地味ですが、これからの必需品。マスクを使う度に捨てるのはもったいない!!気に入ったマスクは顔の一部です。外すときはどこにも置かないで、本製品(滅菌マスクケース)に入れてください。

健康とエチケット、これからの常識

マスクはお互いの身を守るエチケットとして必要(三密)なときに使い、健康のために不要なときは外しましょう

レストランや喫茶店のテーブル上で 

これはマナー違反、銅パワー抗菌・抗ウィルス・マスクケース使いましょう

外しているときのマスクはどうします?

着用していたマスク。そのままでは菌の繁殖が始まっています。ポケットにしまっておく?バッグやポーチの中に?抗菌効果の無い入れ物の中?再びの着用は菌が繁殖したマスクを使うということ。どんどん使い捨てる、環境や他人の健康を損なう

マスク必携時代の新しいエチケット

マスクは必要な時に必要な場所で!熱中症の危険!猛暑の外出で、マスクによる健康被害。使い捨てマスクの生物環境・経済への影響。

マスクしたままの危険性


マスクしたまま運動熱中症の危険性は? 専門家が警鐘| NHKニュース。専門家は夏のマスク着用について「マスクをつけていると体に熱がこもり、熱中症の危険性が高まることを意識してしっかり水分を補給してほしい」と話しています。「マスクをして運動をすると温まった空気がこもって体の外に出せず、冷たい空気で肺を冷やすことができなくなり、体に熱がこ

マスクに関する厚生労働省の呼びかけ

適宜マスクをはずずしましょう

マスクに関する厚生労働省の呼びかけ

マスクの着用について。マスクは飛沫の拡散予防に有効で、「新しい生活様式」でも一人ひとりの方の基本的な感染対策として着用をお願いしています。ただし、マスクを着用していない場合と比べると、心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇するなど、身体に負担がかかることがあります。したがって、高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。マスクを着用する場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、マスクを一時的にはずして休憩することも必要です。外出時は暑い日や時間帯を避け、涼しい服装を心がけましょう。

銅パワー抗菌マスクケースの登場

マスクを使う度に捨てるのはもったいない!!気に入ったマスクは顔の一部です。外すときはどこにも置かないで、本製品(滅菌マスクケース)に入れてください。

銅パワーと人類の歴史

▪エジプト(紀元前2500年)–傷の消毒、目の感染症の治療、火傷、水を消毒に使用。ギリシャ(紀元前500年)–傷の消毒と潰瘍の治療に使用。フランス(1800年代)–銅鉱山労働者はコレラの影響を受けないという事実。フィンランド(1900年代)–銅鉱山労働者は関節炎にならないという発見。インド(Today)–銅のやかんでの水の大腸菌滅菌。銅は人類が使用する最古の金属で、約1万年前から抗菌・殺菌機能を備えた上質な素材として人類に使用されてきました。

知って驚く銅抗菌パワー


製品の概要–実証済みのテクノロジー 
SGSによる抗真菌細菌のグレード1認証

真菌の90%以上の殺菌。殆どのカビは90%以上殺菌されています

本製品は銅粉をケースの素材に封入

独自生産技術(特許出願中)。滅菌銅粉を使用。連続恒久滅菌機能

■本製品は抗菌・抗ウィルスに適した銅を逃すことの無いように封入した製品です。
一般的な抗菌コーティング(簡単に剥がれ易い)方式ではありませんので、長期間安心してお使い頂けます。

一般的な抗菌コーティング方式ではなく、人体に無害な銅素材を封入した製品です。世界的な認証機関であるSGSから大腸菌、黄色ブドウ球菌、肺炎菌などの99.9%滅菌はもちろん、抗カビ1等級の試験成績を取得しました。※SGSは、検査、検証、テスト、および認証サービスを提供するグローバルな多国籍企業であり、国際標準(ISO)手順に準拠した認定企業です。

抗菌を期待できる多用途なソフトケース

マスク、現金、車のキーなど、ウィルスから守りたい。身の回りの抗菌収納することもできますね。サイズW220,H120(折蓋部分は含まず)マスク,スマホ等キーケース等
商品購入へ

製法特許ほか


銅パワー抗菌・抗ウィルス「マスクケース」


商品購入へ